エアープランツ セール 開催中!!

現在さとうはなみつフォレストでは最近雑誌などでもよく取り上げられている、「エアープランツ」を展示販売しております。週に1回ほどの水遣りでOKな植物。お部屋に置けばインテリアになり、部屋の雰囲気がぐっとあがります。
 どの商品も1点物なので、お気に入りの一品を探しにいらしてください。この商品はネットショップ「お気に入り」ページhttp://satohana.com/recommend2/でも販売しております(どの商品も道内発送可能です)。

DSC_0247-001DSC_0240

DSC_0237

DSC_0235-001

DSC_0236-001

DSC_0238

DSC_0234-001


【エアープランツの育て方】
◆水やり
 エアープランツと呼ばれてはいますが、植物ですので水やりは必須です。週に2、3度霧吹きで水を与えましょう。その際、気温の高い日中に水やりをしてしまうと株元が蒸れて腐敗の原因になります。朝、夕方~夜に水やりを行うと良いでしょう。夏季や冬季は気温が下がり成長が遅くなるため、水やりは控えめにしてください。
葉がしおれる、葉の先端が枯れてしまうなどの症状が出たら水分が不足している可能性があります。霧吹きの回数を増やすなどして対応します。株全体を水に浸すソーキングという行為がありますが、負担になるので出来るだけ普段の管理で間に合わせるようにしてください。また銀葉系はソーキングを頻繁に行うとトリコームが取れてしまい、観賞価値が下がります。
◆置き場
 エアープランツと呼ばれるように空気の流通が非常に大事です。蒸れにとても弱い植物です。夏場の蒸れやすい時期には、換気をまめに行う、扇風機で風を回すなどの工夫が必要です。また夏場は日差しが強いため、カーテン越しの光で管理したり遮光ネットで光を遮るなどの工夫も必要となります。
・銀葉系:乾燥気味のほうが美しく育てられます。
・緑葉系:水を好む種類が多く、水ゴケ植えなどある程度保湿が出来る環境を好みます。
光の良くあたる場所で管理していると、株の色が上がり花芽もあがりやすくなります。高地に自生している植物なので寒さには比較的強いですが、5℃を下回るような環境は避けた方が良いでしょう。種類によっては、株の根元が入る程度の鉢にバークや軽石などを入れ、その上に株を乗せた方が成長がよくなるものもあります。基本的に水を好む種はこのような管理方法の方が良いでしょう。
◆増やし方
 花が咲いた後のエアープランツは大体1~2の子株を生じます。そのまま育成を続け有る程度成長したら株分けを行いましょう。また、株分けをせずに群生する様子を楽しむのも良いかもしれません。また、エアープランツは比較的種を取りやすい種類が多いです。種が採取できたら、ヘゴ板やコルク板に蒔き水やりをし続ければたくさんの子株を得ることが出来ます。ただし、成長には数年~10年以上の長い年月が必要になります。